JACK'S NEWS

出演情報、リリース情報をお届けします

祝・来年はガンディー生誕150周年

暗いニュースが続く中、今日のニュース素晴らしかったですね。
大分から山口にやってきた70代のボランティアの男性が行方不明の2歳児を発見したニュース。
インタビューで「大分からわざわざじゃないですよ、日本人だから。余生は社会への恩返しに尽くしたいと思っている。」とお応えになったそうですね。
   

汚れた服で家にあがるのは申し訳ないからと、お礼の食事すら断り、ボロボロの軽自動車で帰っていく。ラストサムライの様で日本人の鏡の様な方だと感銘を受けました。 

この方のインタビューを見ていると、最近ずっと演奏したり歌ったり、頭の中で寝ている間も自動で流れ続けていた、とある曲の歌詞の内容とぴったり重なり驚きます。 

  

あのインド独立の父、マハトマ・ガンディーが生涯愛したバジャン(献身歌)「Vaishnav Jan To Tene Kahiye Je」という曲です。
 

実は光栄にも来年に控えているマハトマ・ガンディーの生誕150周年に向けて、この曲を日本流にアレンジしてインド政府、ならびにインド大使館に献上するというビッグプロジェクトのディレクターという大役を仰せつかりまして、おととい、無事にでき上がった作品をチームのみんなとインド大使館に献上して参りました! 

素晴らしいチームに恵まれ、最後までオールを漕ぐことができて、そして大使からも光栄なお言葉を頂き、達成感と安堵で天にも昇る様な喜びを感じました。 

この素晴らしい機会をくださったヨギさんに感謝するとともに、この作品の為に全力を注いで下さったチームの皆さんに御礼申し上げます。 

 

苦しみやプレッシャー、主観、客観、俯瞰、それらと向き合い、1つ1つ乗り越えることによって、多くの学びがそこにはあり、人生の宝がつまったような、ご依頼を受けてからの1ヶ月間でした。 

来年にむけ、インド政府ならびに在日本インド大使館からの発表をお待ち下さい。 

寂空
 

Mahatma Gandhi’s 150th birth anniversary will be celebrated for 1 year from 2nd October this year. As a part of the celebrations, Government of India decided to re-record Gandhi ji’s favorite bhajan (devotional song) in Japanese music and background video.

I was assigned to be the music director of this project. It wasn’t an easy task. It was about representing Japan in a totally different way. Getting right kind of people, choosing right music, right instruments, it was all so tough.

And I overcame these hardships with great members to get this far. I appreciate them and Mr. Yogi (the producer who invited me to this project first).

We completed the music video on time and handed it over to the Ambassador of India to Japan HH Sujan Shenoy on 13th Aug.

Please look forward to the official release of the music video from the Government of India. 

JACK