JACK'S NEWS

出演情報、リリース情報をお届けします

FOLLOW YOUR HEART THE SYAMISENIST、初のヨーロッパツアーへ

「甘い夢だ」と誰かがほざいてたって
虎視眈々と準備をしてきた僕だから
きっとうまくやれる
行こうぜ       Mr.Children/Paddle

 

 

Photo by MASADA-SUMMER

 

 

虎視眈々と準備をしてきたか?はさて置いて、その都度その都度、迫られる取捨選択と自分なりに戦いながら、心の赴くままに突き進んできた。

「ヨーロッパ」そう、とても大きな音楽大陸に出向く訳だけど、実は何も大げさなことはない。

同じく音楽を愛する人たちがそこには住んでいて、みんなその国が抱える問題や、人間関係と対峙しながら、笑ったり泣いたり、怒ったり、時には優しく誰かをハグしたり、どつき合ったり、一人で膝を抱え込んだり、夢や希望を持って、それぞれの歩幅で生きている。

 

 

僕はいたってシンプル。愛する友に会いに行き、その場所で自分たちの信じた音楽を鳴らし、みんなと大地を揺らしながら、生命の喜びを祝福しにいく。

今までだってそうしてきた。

インドの安宿の屋上で旅で出会った仲間たちと楽器とビールを持ち寄ってセッションしたあの夜も、何万人のステージに立ついつかの夜も、同じ月が照らす夜に違いはない。

ただただ、目の前にいる人と心と心のコミュニケーションをして、人生って色々あるけど、俺たち地球に生まれて本当最高だったよな、と共に叫びたいだけ。

 

 

 

Everything In Its Right Place

 

 

 

トム・ヨークもそう歌っているように、僕らの音楽をあるべき場所に一度を連れていってあげるイメージ。

もしかしたら、僕らの音楽を本当に必要としている人たちが世界のどこかで待っているかもしれない。し、待っていないかもしれない。もーまんたい。

何かが良くなる可能性を孕んでいる事象には僕は全力を尽くしたいと、常日頃そう思っている。

 

はっきり言うが僕はただ単に成功を掴むために音楽をやっている訳ではない。

カッコつける訳ではなく、最高の瞬間に出逢う為であり、それを一歩一歩更新していくことに人生の生きがいを感じているのだ。 

 

今回の旅のきっかけを作ってくれたフランス・ブルターニュの盟友バンド、PLANTEC にこの場を借りてお礼申し上げます。

応援をお願いします。も言わない。俺が言いたいのはこれだけ。

 

 

 

みんな、最高の春を迎えようぜ!!

 

                      寂空-JACK-

 

 

 

THE SYAMISENIST【re:tokyo】

Pre-release tour in Europe 特設SITE  

 

https://www.transist.site/retokyotour