寂空JACK

シャミセニスト 寂空寂空JACK
       

静岡市出身、平塚育ち、現在は東京を拠点に活動。

10代の頃ROCKに目覚め、音楽の道を志す。 20歳の時に西洋の模倣ではなく、日本人ならではの感性で世界に勝負したいと決意し三味線を手にする。 三味線を手にしたその日からバスキング(路上パフォーマンス)を中心に演奏活動をスタートさせる。 自らを”シャミセニスト”と名乗り、主にエレキ三味線の演奏を専門とする。 エフェクターを駆使したサウンドや、インド古典音楽やラテン音楽などワールドミュージックから強く影響を受けた楽曲を制作するなど、独自のスタイルで三味線を追求し、伝統の枠からはみだした幅広い活動を国内外で展開。 これまでに各国のフェスティバルや国交行事での演奏として、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東、南米など、15カ国以上での演奏経験を持ち、国内においても出雲大社平成の大遷宮、世界文化遺産上賀茂神社、伏見稲荷大社や天台宗総本山延暦寺での奉納演奏など、寺社仏閣での演奏から、ライブハウス、ロックフェスティバルに至るまで、ジャンルレス、ボーダーレスで活動を展開している。 また、TV、映画、CMへの楽曲提供等、作曲にも力を注いでいる他、アニメ「活撃刀剣乱舞」や東京スカイツリーのBGMなど、演奏家としても数々の作品にレコーディングに参加している。 2014年、津軽三味線世界大会唄付け伴奏部門、銀賞。 2019年、マハトマ・ガンジー生誕150周年に際しディレクターを担当した楽曲でインド外務大臣賞を受賞。 ギターケーブルメーカー《神鳴-KAMINARI-》エンドーサー。 ESPエンタテインメント大阪校和楽器セミナー特別講師。TRANSIST RECORD所属。
 

JACK has transformed the traditional Japanese sound of the shamisen into modern electric music incorporating the use of guitar effects and playing styles. During this process Jack also created a hybrid instrument that expresses the qualities of both the shamisen and guitar; the “Yomisen”, the first of its kind anywhere in the world.  He has performed all over the world, from his native Japan to countries including America, France, Germany, Mongolia, Ireland, India, China, Hong Kong, Taiwan, Dubai, Brazil and England. In 2013, JACK played a special performance at Izumo Grand Shrine, the home of Shinto spirits in Japan. In 2014, JACK won silver prize at the Tsugaru Shamisen World Tournament , where he performed an improvised accompaniment to an unknown song. In 2015, The Syamisenist was invited to play music as an offering at Kamigamo Shrine, an Unesco World Cultural Heritage site. Every year, in addition to 150 live performances JACK composes music for television, film, commercials and theatre. On top of this, Jack has experience working as a musical director for traditional Japanese theatre. As a member of the Japanese art rock band “KAO=S”, Jack has appeared on consecutive occasions at Japan EXPO and SXSW festival in Austin, Texas. KAMINARI GUITARS